ウーマン

目のたるみは整形で排除|恥ずかしい事じゃない

応用力のある施術

頬を触る婦人

東京のクリニックでは、フォトフェイシャルを1日だけ体験出来るコースを設けています。このような体験コースなら、低刺激な施術を手軽に堪能出来ます。フォトフェイシャルは、複数の問題にアプローチ出来る応用力の高さで評判を得ます。

詳細

汗で困っている場合は

ボディ

手のひらに大量の汗をかく症状で困っている人は、医療機関を受診して多汗症治療を受けるようにするとよいです。多汗症治療は、皮膚科・神経科・心療内科・精神科などで受けることができます。また、美容外科でも治療が受けられます。

詳細

人間の体を構成する成分

注射器

保湿成分として人気のヒアルロン酸は化粧水や美容液などに使用されていることが多くなっています。またサプリメントなど体内から補充することも可能になっています。また医学面では注射などを通じて直接流入させる方法もあります。

詳細

傷跡を残さずに治療できる

目元

メスを使わない施術が人気

ツボ押しやエクササイズなどで一時的に加齢による目の下のたるみを改善できますが、根治させることは不可能です。その理由は原因が眼窩脂肪が表皮付近にまでせり出しているためです。根治させる確実な方法は美容整形による施術に限定されます。中でも最近はメスを使わない施術が人気を集めています。メスを使用しない目の下に出来たたるみ解消施術は、傷跡が残らないことが魅力的です。まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去する経結膜脱脂法などがメスを使わずに行える施術です。また、切らないためダウンタイムが短くて済むというメリットもあります。施術の種類にもよりますが、高周波レーザーメスによる脱脂でも1週間程度です。

医院を選ぶ上での工夫

デリケートな目の周囲を施術するため、目の下のたるみ治療は信頼できる美容整形医院を見つけることが大切です。医院を選ぶ上でできることとして、症例数に注目する方法があります。症例数はその美容整形医院が扱ってきた患者の施術数です。当然多い方が実績のある医師が多い傾向があるので、一定の信頼が置けます。美容整形医院の中には施術の種類ごとにこの症例数を公開している所もあるため、自分の興味がある施術の症例数を調べておくのも良いでしょう。また目の下のたるみ治療を専門に扱う美容整形医院に受診するのもお勧めできます。それらの医院は何れも施術メニューの充実や、アフターケアなども優れています。症例数も当然多いため、医師の技術も高い傾向があります。